家賃滞納を立替える|困った時の不動産投資セミナー|無料で知識を蓄えよう

困った時の不動産投資セミナー|無料で知識を蓄えよう

家賃滞納を立替える

部屋

連帯保証人に代わって保証

住宅の賃貸契約は、一般的に保証人を立てる方法で行われます。現在では、保証人に代わって、家賃の滞納があった時に料金の立替えをしてくれる家賃債務保証サービスがあります。家賃債務保証サービスが使われるようになった背景には、借主に連帯保証人となる家族がいないなど、依頼が難しくなっている現実があります。また連帯保証人としたい人がいた場合でも、景気の状態や非正規雇用などを理由として、連帯保証人として認められない事も背景にあります。家賃債務保証を受けるには日本在住であり、家賃の支払い能力が認められれば保証を受ける事ができます。申し込みは法人でも個人でも可能で、国籍も関係ないとされています。また賃貸物件は、住居・事務所・倉庫・駐車場・店舗の何れも対象となります。

契約の流れ

家賃債務保証は貸主と借主にとって、家賃の支払いが出来なかった時の安心できる便利な保証サービスです。家賃債務保証サービスの契約の流れは、まず借主が保証会社に保証料を支払い、債務の保証を委託します。その後、債務を委託された保証会社は、貸主と家賃債務に関する契約を結びます。もし、家賃滞納があった場合は、保証会社は貸主へ家賃の立て替えを行ないます。保証会社は貸主へ支払った立替え料金を借主へ請求するのが一般的な流れです。家賃債務保証は貸主と借主共にメリットのあるサービスです。しかし、このサービスは借主の立場を守ると言うよりも、貸主の不動産ビジネスにおける家賃滞納リスクを軽減するなど、貸主の為のサービスと考えるべきです。家賃滞納が心配なときは、家賃債務保証サービスにあらかじめ加入しておくとよいでしょう。また、家賃回収の催促などの業務も行なってもらえるので手間がかかりません。